工学部長挨拶

工学部長挨拶

千葉大学工学部長 佐藤 之彦

YUKIHIKO SATO
生年月日/昭和38年9月3日
出生地/新潟県新潟市
卒業年度/昭和61年 東京工業大学工学部電気・電子工学科卒業
昭和63年 東京工業大学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻修士課程修了
     博士(工学)(東京工業大学)

 平成29年4月の工学部と理工系の大学院の改組と同時に工学部長に就任し、3年目を迎えました。この新しい体制での教育・研究・組織運営の下で最初の学部の卒業生を送り出す令和2年度までは、様々な実施上の課題を解決しながら先に進む状況が続きます。また、これに加えて、工学部を取り巻く大きな動きが進行しており、令和2年度からは、ENGINE(Enhanced Network for Global Innovative Education)という新しいグローバル人材育成戦略を全学的にスタートさせることに加え、さらにその翌年の令和3年度からは東京都墨田区に新しいキャンパスを開設し、工学部の一部の実践型教育の場として活用することとなっています。以上を中心に工学部の近況と今後について簡単に紹介いたします。
 平成29年度の改組については、これまでの同窓会報でも紹介しておりますので、その後の状況を中心に簡単にご紹介します。この改組では、工学部全体を総合工学科という定員600名の1学科とし、その下に専門教育の実施単位としての9コースを設置しました。従来の「学科」を「コース」とすることで専門分野間の垣根を低くし、学生や教員の行き来や連携を容易にしています。また、各コースの学生定員は固定されていないため、学生の志望状況や社会の要求の変化などを踏まえて、各コースの学生の人数を柔軟に調整することが可能となりました。
 このように専門分野間の垣根を低くした教育上の狙いは、自己の専門分野を俯瞰的に捉えることのできる視野の広い人材の育成と、1年次における学修を通して2年次以降に学び進む専門分野をより適切に選択できるようにすることです。
改組から3年目の後半を迎え、多くの教職員の努力により実績も積み上がってきましたが、今後に向けた課題も明らかになってきています。1年次では、「工学とは何か」、工学の専門分野全体の位置づけ、技術者倫理、コミュニケーション能力の重要性などの共通的な内容に関して、総合工学科全体で一元的に「工学基礎セミナー」を開講しています。これは、総合工学科のすべての学生の学びの出発点を共通化し、総合工学科の人材育成の理念を共有したいと考えてのことです。しかし、広範な担当教員間の連携や引き継ぎ、1クラス200人余りの多人数の学生に対して授業が可能な場所の確保、緊張感や勉学意欲の維持など、解決すべき課題が顕在化しているため、次年度の実施に向けた改善計画を策定しています。また、総合工学科の象徴的な科目として開講している分野横断プロジェクト型の授業である「総合工学プロジェクト」では、受講者が思うように集まらない問題に直面しており、履修上の意義を学生に理解させるための取り組みを充実する必要性を痛感しているところです。
 次に、全学レベルで令和2年度から実施に向けて準備を進めている前述のENGINEプログラムについては、これまでに新聞等でも報道されましたが、全学部全学生に対して在学中の留学を必修化すること、コミュニケーションツールとしての英語教育の強化、情報通信技術を活用したe-learningを中心とした「スマート・ラーニング」を3つの柱としています。千葉大学は、これまでも在学中の学生が留学する割合の高い大学でしたが、これを全員に必修化することになりました。工学部では、所属する学生数が多いことに加え、実験などのキャンパスを離れての実施が難しい教育内容が多く、全員留学をどのように実現していくかの課題がいくつかあり、その解決に向けた具体策を検討しています。また、スマート・ラーニングは、留学中でも千葉大学のキャンパス内と同様の授業を受けることのできる教育手段となるだけでなく、学生の主体的な学修をサポートするための手段としての活用や、事前の知識修得の手段として活用し大学内ではその知識を前提とした討論型の授業を行うなどのいわゆる反転授業を実施するための手段としても期待しています。
 さらに、令和3年度にオープンを予定している東京都墨田区のキャンパスは、墨田区の中小企業向けの施設として利用されていた建物を改修して再利用するものです。西千葉キャンパスにはない大きな空間や天井の高い空間があり、大規模のプロジェクト型教育を展開することが可能です。このキャンパスは千葉大学全体の新しいキャンパスですが、具体的な活用イメージが明確にできる工学部が最初に利用することで計画が進行しており、中でもデザイン系や建築系におけるプロジェクト型の教育・研究での活用を考えています。一方で、西千葉キャンパスと空間的に離れていることによる不便さをいかに解消するかは重要な課題と考えており、シームレスな授業の開講や、会議・討論が可能な情報通信インフラの整備などを実現していく必要があります。
 以上のように、最近の工学部を取り巻く状況について紹介いたしましたが、平成29年度の改組の対応が完了しない状態で、ENGINEプログラムのスタートや墨田キャンパスの開設など、色々な変化が立て続けに起こる状況にあります。ややもすると、変化に追いまくられてしまいそうですが、学生の将来にいかに資する教育を展開するのか、社会の期待に応える研究活動の活性化にいかにつなげるのかという本質を見失うことなく、チャンスと捉えて対応したいと考えております。こうした対応を考える中で、卒業生の皆様のご見識やご経験に頼る機会が数多くあります。今後とも、工学同窓会の皆様のご理解、ご支援を賜りたく、宜しくお願いいたします。