工学部長挨拶

工学部長挨拶

千葉大学工学部長 佐藤 之彦

YUKIHIKO SATO
生年月日/昭和38年9月3日
出生地/新潟県新潟市
卒業年度/昭和61年 東京工業大学工学部電気・電子工学科卒業
昭和63年 東京工業大学大学院理工学研究科電気・電子工学専攻修士課程修了
     博士(工学)(東京工業大学)

 平成29年4月より、工学部長に就任いたしました。宜しくお願いいたします。 
 平成29年度から、工学部と理工系の大学院の改組が行われました。これまで工学部には10学科が設置され、学科単位で比較的閉じた状態で入学から卒業に至るまでの教育を行ってきました。今回の改組では、工学部全体を総合工学科という定員620名の1学科とし、その下に従来の学科にほぼ対応する専門教育の実施単位としての9コースを設置しました。 
 見かけ上は、10学科が9コースに名称変更されただけのようにも見えるかも知れませんが、「学科」を「コース」とすることで専門分野間の垣根を低くし、学生や教員の相互の行き来や連携を容易にしています。また、各コースの学生定員は固定されていないため、学生の志望状況や社会の要求の変化などを踏まえて、各コースの学生の人数を柔軟に調整することが可能です。 
 このように専門分野間の垣根を低くした今回の改組には、いくつかの狙いがあります。そのひとつは、視野の広い学生を育てることです。エネルギーや環境問題、少子高齢化の問題など、これからの社会が抱える諸問題の解決に対して工学の果たすべき役割は非常に大きいと言えます。その際に、特定の専門分野の技術だけで解決できるものは限られ、異なる分野の専門家の連携がこれまで以上に重要になります。また、社会に内在する解決すべき問題を見出すことや、技術が社会に及ぼす影響を考えることなど、工学と社会の関係を俯瞰的に捉えることも必要です。このような幅広い視野を涵養するには、個々の専門分野に閉じることなく、多くの専門分野を見渡せる環境で教育することが有効と考えています。さらには、異なる専門分野の学生が混成チームを作ってプロジェクトに取り組む授業を通して、分野横断的環境でも発揮できる専門性に立脚したチームワーク能力を育てたいと考えています。 
 二つ目の狙いは、学生がより適切な進路選択ができるようにすることです。受験生の視点から、自分が将来「やりたいこと」や「なりたいもの」が、どの専門分野に進むことで実現できるかの的確な判断は、必ずしも容易ではありません。また、それぞれの専門分野が実際にどのようなものかを受験生の段階で十分理解することにも難しい面があります。本年度からは、従来と同様に専門分野としての所属コースを決めて入学しますが、これは暫定的なもので、1年次において、工学全体を見渡すための授業や、各専門分野の実際の内容を体験させる授業を複数受講させ、これらを通して十分考えた上で2年次以降に学び進むコースを決定させます。その際に、入学時に選択したコースとは異なるコースに進むことが、従来よりも容易にできるようにしています。 
 また、同時に大学院の教育組織も改組が行われ、これまでの工学研究科、融合科学研究科、理学研究科を統合した融合理工学府が設置されました。融合理工学府には、工学と理学を融合した3専攻を含む5専攻を設置し、その下に16コースを設置して、高度な専門性と工学から理学までを見渡せる広範な俯瞰力の涵養を目指しています。さらに、千葉大学では学部学生を早期入学させ高度な教育を行う先進科学プログラムを実施してきましたが、本年度からは、これに接続するプログラムを大学院でも本格的に展開するようになりました。 
 一方、今回の改組では、教員組織と教育組織を分離しました。従来、工学系の教員は工学研究科と融合科学研究科の各コースに学生と一緒に所属していました。本年度からは、大学院生は融合理工学府の各コースに所属し、教員は教員組織として新たに設置された工学研究院に所属するようになりました。これにより、教員が複数のコースでの教育を担当するなどの柔軟な運用を進めたいと考えています。また、教員組織を教育組織とは異なる区分けとすることにより、分野横断的な研究の展開が活発になることも期待しています。 
 今回の改組は、単に組織の区分を変更しただけでなく、学部や大学院の構造そのものや、教育組織と教員組織の関係など、根本的な変更を伴うものになっています。このことは、柔軟で機動力のある運営を可能にするものであり、教育や研究上の戦略立案がこれまで以上に重要になります。こうした戦略立案に向けたご意見やご提言に加えて、1年次学生を対象とした「工学とは何か」を理解させる授業における卒業生による講演、3年次学生を対象としたプロジェクト型授業における産業界からの指導への参画など、卒業生の皆様のご見識やご経験に頼る機会がこれまで以上に増えています。今後とも、工学同窓会の皆様のご理解、ご支援を賜りたく、宜しくお願いいたします。